金融関係で自己破産をして生まれ変わりました

金融屋からお金を借りていました。事業がうまくいかず、家庭の生活資金が回らなくなったことで、妻が借りていたのですが、その借金がみるみるうちに膨らんでしまいました。妻が借りた金融屋は法定利息を上回る金利のところで、そのことは知っていた上で借りたのですが、利息だけでも手一杯になってしまいましたし、生活もできない状況で電気ガスまで止められてしまいました。

 

子供もいましたし、水道が止まったらもう終わるという思いでしたので、弁護士先生にそうだんをしました。すると、自己破産という方法を提案されました。具体的な手続きなども何もわからない常用でしたが、そういったことも全てお任せできることになりました、また、利息を取られすぎているということでもうそれ以上払わなくて良いということがわかり、それも金融屋に伝えてもらうということもできましたので、借金もそれでなくなりました。

 

もちろん自己破産をしたことで、様々な制約なども出てきましたし、事業の方も倒産という形になりましたが、そのおかげで安心して生活ができるようになったのでホッとしています。もう少し早い段階で相談をすればよかったと後悔していますし、それと同時に感謝しています。