消費者金融からの500万円の借金で自己破産

美容師として仕事をしていた私は、ギャンブル代が足らなくなってハサミや道具代などで借金をしていました。

 

そして気づいた時はキャッシュカードと勘違いするくらい借金を繰り返していて、知らないうちに金利だけを支払うようになっていたのです。
当時は38歳独身で入ってきた収入は全て賭け事につぎ込む日々で、消費者金融からの借金は既に300万を超えていました。

 

借入先は消費者金融が6社ほどでおまけにバイクのローンも抱えていたので、借金に金利が付いてくるという最悪の状態です。

 

最終的には借金は500万に膨れ上がり月々最低8万円返済する始末で、
年収は300万くらいしかなかったため、最低支払額を支払ってはまた借りる悪循環に陥っていました

 

そんな状態が続く中、金利だけが膨れ上がってきてついに生活ができなくなったのです。

 

どのように対処すればよいかネットで色々と調べましたが、この生活には限界があると悟って自己破産という手段を選択しました。
自己破産の方法や費用はわからなかったので、弁護士事務所へ相談に行って手続きを依頼しました。

 

相談にいった弁護士事務所が決め手となったのは、受け答えが明確で成功報酬という形で分割が可能だったからです。

 

費用は全部で40万円かかりましたが、毎月1万円を3年間分割で振り込むといいう形だったので何とか無事に支払いを済ますことができました。